スポンサーサイト

  • 2013.06.27 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    “ハート”のデコアート

    • 2013.05.16 Thursday
    • 11:52
    デコアートでよくみられるハート形。

    ボリュームのあるふくらみと丸みをおびたかわいいラインのハートを作るにはどうしたらいいの?を学びます。



    教材の中には、こんな便利なシートがついています。
    本当はハートを手書きでかかないといけないと思うのですが、これをうつせばきれいにできるようになってる。

    うつすだけで何度も利用できるから、デコアート養成講座を修了して、自分でデザインをつくるときにも役立ちそうです。




    透明シールにマッキーでうつすだけ。

    最初に細いペンでフチどりし、中を太いペンでぬりつぶします。
    このとき塗る色は、これからはるストーンと同じ色。


    デコアート養成講座には、マッキー全色もついているので、どんな色でも対応できます。
    こういう場合、セットでついてるって便利ですよね。

    まわりをハートの形にきったら、レッスンパネルに貼り付けます。



    ふちに接着剤をぬって、ストーンを並べます。




    中も大中小さまざまな大きさのストーンで埋め尽くすと出来上がり。

    立体的でかわいいハートが出来上がります。


    うん、これなら、簡単。下地に色がついているので、多少隙間があってもめだちません。

    私がやっているのはがくぶんのデコアーティスト養成講座。


    子育て中のママにおすすめ、将来のお仕事につなげてみませんか?資料請求はこちらから  ⇒★人気の【在宅ワーク】はコレ! >>> 収入に直結の技能を身につけよう


    がくぶん総合教育センター

    リアルグラデーション・・・デコアート

    • 2013.04.30 Tuesday
    • 10:28
    同じサイズのストーンを使って、色の比率を徐々に変えていくことで、境界線をぼかしがグラデーションをつくります。
    それがリアルグラデーション。

    そういえば、この間から失敗ばかり・・。
    境界線をかけば、それが気になって、逆にくっきりした境界線が見えました。


    今度こそがんばるぞ!とやってみます。
    同じサイズのストーンを並べると輝き方が一律になり、色の変わり目がめだたなくなることから、より“リアル”といわれるみたい。



    色が徐々にかわる・・・
    というところは、次のストーンがちょっとずつ入るということなので、前回よりも簡単だ!

    と思ってすすめていったのですが・・
    透明から薄ピンクをいれるのに次は2倍の量を、その次はさらにふやして、いままでの色をどんどん減らしていくという作業はわりとわかりやすい




    できたのがこちら。
    完成したとき、近くでみると、全然グラデーションじゃないよ・・どうしよう・・・

    と思ったのですが、はなれてみると、たしかにぼんやりグラデーションになっていて、なるほど〜と思いました。

    こういうのは、習わないとできない技術ですね。


    私がやっているのはこちら
    総合コースと基本コースがあります。詳しくは資料請求してね(資料請求無料です)

    ★デコ電アートのプロになろう!>>>藤井愛弓のデコアーティスト養成講座

    ラフグラデーション・・・デコアート

    • 2013.04.30 Tuesday
    • 10:14
    大中小のストーンを織り交ぜてランダムに置き、色の境界線があいまいなグラデーションを作る“ラフグラデーション”というのをやってみました。

    前も色は1色で大中小のストーンを全体的にバランスよく並べるというものをやってみましたが、
    これは、規則性があるものよりずっと難しいです。


    まっすく並べる、次の色がきまっているという場合は次にすべきことがわかっているので、簡単なのですが、(といっても難しいけど)、このエリアに大きさの違うストーンをバランスよくというのは、非常に頭と技術を使う作業で大変。


    大きいパーツを点々とバランスよくおいて、その間を小さなストーンでうめればいいんじゃない?
    と勝手なことを考えてやってみたりもしましたが、(ついつい勝手にやってみちゃう)、だめでした。

    すきまに接着剤をぬるのはむずかしく、その隙間にはいるストーンがまたみつからない。

    結果的に大きな隙間があいてしまうので、テキスト通りにやるのがベストです(笑)。




    これは下書きをして行います。
    マッキーでエリアをわけたあと、除光液で線をぼかします。

    ぼかすといってもなぞるときえちゃうので、これも難しい。




    境界線が近づいたら、次のストーンを織り交ぜていき、境界線が近づいたら、次の色をふやしていく・・

    こうやってだんだん色が濃くなる・・
    というラフグラデーションですが、境界線でくっきりわかれてしまった・・・。

    線はあくまで、めやすのためにひいているので、私のようにならないようにしましょう〜。


    こどもが小学生になり、自分の時間が増えてきたという人は 何かを始めるチャンスです。

    私がやっているのは、デコアーティスト養成講座だけど、他にもいろいろありますよ。2つまで資料請求無料です。


    ★資格・スキルアップなら >>> 通信教育80年のがくぶん


    デコアートでチェック柄をつくる

    • 2013.04.30 Tuesday
    • 09:58
    応用編になってちょっとずつというかかなりレベルアップしました。

    今回はチェック柄をつくる。
    2色使いのベーシックなチェック柄です。




    う〜んこういうのみたことあるよね。

    応用編になってから、一部ではなくこのまま携帯やスマホカバーにできそうな柄を練習するようになってきたので、 これ使えそう・・と身近に感じるようになり楽しくなってきました。

    チェック柄は難しいというよりは色を間違えないように必死。


    ピンク、白、白、ピンク、白、白ピンク・・・・という風にテキストをみながら口で色をいいながら進めていきます。

    ちょっとでも間違えると、間違えが目立つので、緊張しながらすすめます。


    今まで、色をまちがってもそんなに問題ではなく、ただきれいに並べることだけに集中していればよかったのですが、色と列どちらもみていかないといけないのは大変です。

    この色を変えるだけで、いろんな印象の携帯デコができそうです。
    やりながら、早く自分のスマホカバーを作りたい!!と思います。


    私がやっているのはがくぶんのデコアーティスト養成講座の総合コース

    資料請求はこちらから
    TOPデコアーティスト・藤井愛弓のデコアーティスト養成講座



    第2回目の提出課題がかえってきました

    • 2013.04.30 Tuesday
    • 09:37
    2回目の提出課題が2週間かけてかえってきました。



    もう結果から言っちゃいましょう。スタンプ2つでした。
    第一回が1個だったので、ちょっとステップアップ?


    今回提出したのは、カードケースでした。
    いつもはレッスンパネルを使った平面での練習なので、提出課題の立体が難しかったですね〜。




    それに、提出している途中にかわいてなかった接着剤からすべってしまったものもあるみたい。
    今度は完全に乾いてから提出しようと思います。



    デコアートは全体のバランスが大事!
    と第一回でいわれたことですが、これもなかなか難しい。

    どうも全体的に右によってる・・これは最後に気づいたことなのですが、
    接着剤がかたまってからはうごかせないので、最初が肝心ということですかね。

    それに、いつのまにか曲がってる・・・というのは、なかなかなおらなくて、
    練習のときにできてないことは、本番でもできない(泣)

    縦横に整列できてないとかかれていたのですが、パッと見きちんと整列しているようにみえますが、
    デコアートの世界はとってもキビシイみたいで、定規のようにきちんと整列してないと無理みたい。

    細かい作業は得意だと思っていましたが、もっともっと練習を!ということみたいですね。

    3回目には★3つがもらえるようにがんばりたいです!!

    私がやっているのはこちらの総合コースです。

    ★TOPデコアーティスト・藤井愛弓のデコアーティスト養成講座