ストライプ柄の並べ方のちがい・・デコアート

  • 2013.04.17 Wednesday
  • 11:42

ストーン同士の隙間をうめるようにななめのストライプを作ります。
3色のストーンを交互にならべ、幅の細いストライプ柄を形成します。

やり方は二つあるらしく、最初にやったのは、ななめに1ラインずつ並べる方法




こんな風にななめにななめに・・・
やる前は難しいかなと思ったのですが、これやや簡単。

最初のななめ方向さえ決まれば、間、間にいれていくだけなので、バランスもとりやすく、意外と簡単ね〜なんておもってたのですが、最後に大変なことになりました。




あれ?ストーンの数が足りない?!
数は間違ってないと思うんだけど、もしかしてもうちょっと手前でやめなきゃいけなかった?

気づいたときにはもう遅い!どうやら、幅をまちがえてしまったらしい。

でも接着剤でくっついちゃっているのをはがすわけもいかず、これはこれで終了。
次のレッスンでは、そうならないためのストライプの作り方でした。。

悪い例の典型みたいになっちゃった私。


でも、今度は失敗しないぞ!とやってみる。



今度はブロックごとにつくっていくやり方です。
途中でバランスをととのえながら隙間の微調整もできるので、ストーンが均等にならび、プロ並みの美しい仕上がりになるのだそうな。。

やっていました。

今度は、途中がやや頭を使います。
というのも、ななめに同じ色を並べていたさっきとは違い、つねに、透明、うすピンク、濃いピンクの順番に縦にならべないといけないので、次どのいろだったっけ?と間違う可能性が。


しっかり、かんがえてやらないと最終的にストライプにならないということになります。
頭をつかって、透明、うすピンク・・・といいながらすすめていくと・・・



今度はそのことに集中しすぎて、ストライプが歪んじゃったから。
何か一つを注意すると、他の失敗が起こるという恐怖。

デコアート奥が深いです。

今度は、ストーンの数はばっちりだったんだけど、ストライプが波打って×。
難しいですね〜。

最初のころに比べると接着剤の分量、塗り方、ピンセットでストーンを運ぶ動作、どれも手馴れてきてうまくなってきたな〜と思うとこうです。
たぶんデコアートって一部しかみれなくて、全体をみれない人は向いてないと思う。

バランス感覚が重要!そう思ったレッスンでした。


次はチェック柄ですよ〜。
どんどんレベルアップしてるけど、ついていけるか不安。

私がやっているのはこれ。講座2つまで無料請求できます。



デコアート養成講座資料請求はこちらから

スポンサーサイト

  • 2018.06.25 Monday
  • 11:42
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    デコアーティスト受講中

    デコアーティスト養成講座

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM