第5回提出課題 丸形ミラー

  • 2013.06.26 Wednesday
  • 20:23

いよいよ最終課題です。

キラキラデコボコのゴージャスな丸形ミラー

使う種類のストーンが多すぎて、どれを使うかチェックするだけで2時間ぐらいかかってしまいました。
これは大変!

そして、今回は石座にパーツをつけるところからはじまります。



私、宝石とか詳しくないので、石座といわれてもピンとこなかったのですが、指輪の土台みたいなものです。
そのうえにストーンをのせてペンチでツメを折り曲げます。

こんなこともデコアートの一つなんですね。




それをひっくり返して、裏からちょっと固まった接着剤を流し込みます。
石座の裏には穴があいているので、そのままつけるとミラーにくっつかないためです。

しかし、このちょっと固まった接着剤というのがむずかしい。ゆるすぎると流れでしまうし、固すぎると入っていかないし。




なんとか石座の裏に接着剤を流し込めました。たくさんあるので大変です。
これが完全に乾ききらないとダメなので、一日目はここで終了。

そして2日目。




ミラーと同じ大きさの形を紙に書き取って、パーツを仮置きします。
う〜んだいたいこんな感じかな?



石座つきパーツの接着剤を塗ります。
これもまた接着剤が竹串に少しまとわりつくくらいの固さになるまで時間を置いてからぬりますが、その時間の微妙なこと・・・。


どう写真をとってもカメラが映り込んでしまうキラキラミラー。
接着剤の上にパーツを置きます。ちょっとでも接着剤がゆるいとこの表面がドーム状になっているので、だんだん外側へすべっていくんですよ(泣)。



中心からパーツとストーンを置いて隙間を埋めていきます。



完成いたしました〜。

これは難しいです。
ごちゃごちゃだから適当に置けばいいじゃないって思っていたのですが、大きすぎるパーツと小さいパーツが混合しているので、そのすきまにはいるストーンがどれ!というのが即座にわからないんです。

そして、決断が遅いと接着剤がかたまってしまう。

次々にこれ、これ、と決断していかないといけないけれど、どれも入らな〜いということも。
そして、最初に小さいパーツを使いすぎて大きいパーツが残ってしまうという不手際も。

でも完成したミラーをみたら、かわい〜。
こんなの自分ではなかなか買わないので、自分で作れるっていうのはすごいですね。

これにてデコアートの養成講座は終了。

3月から6月まで4か月かかって終了しました。

ボリュームとしては、最初は一日に2つずつぐらいでも課題をこなせる感じでしたが、後半は1つの課題を何日かにわけてやるので、かかる時間がかわってきます。

このブログは、がくぶんが目安としてここまでが1か月目、ここまでが2か月目と課題をくぎっているのを参考にカテゴリをわけました。
1か月でやれるのはこのぐらいか・・と思っていただければなと思います。

働いている方でも1日20分ぐらい時間がとれるならラクラク期限内に受講できると思います。
がくぶんのデコアーティスト養成講座は、本格的にデコアートを学びたい人に作られているので、 しっかり基礎から学べます。

課題をこなしているうちにいつのまにか、いろんなことができるようになっていました。

先生は厳しいけど、しっかり学べるのでとってもいい通信講座でしたよ。
これを糧に、自分のスマホカバーやこどものレオタードなどにデコしていきたいと思います。

もっと詳しく知りたい人はぜひ資料請求してみてくださいね。






デコアート養成講座資料請求はこちらから

がくぶんの提出課題ぁ.劵腑κ船蓮璽鳩織院璽

  • 2013.05.26 Sunday
  • 21:36

提出課題4つのヒョウ柄ハートケースをつくりました。

一つ前のレッスンで、ゼブラ柄のデコをやってみたけれど、これが難しく、ヒョウ柄ができるかかなり不安だったのですが、DVDをみながら、テキストを熟読してやってみましたよ。



ヒョウ柄もゼブラと同じように、見本となるデザインがついています。
それを透明シールになぞります。
色もそれぞれ塗りつぶします。

下に色があると、ちょっと隙間があいていてもめだたないのがいいですね。




透明シールにきれいにうつせて、色がつけられたハート型のケースにはりつけます。
ちょっと波打ったりしてこれがまたむずかしい。



はりつけたら、カッターではみ出した部分をカットします。

これもかなり難しい作業。
きれいにきれなかったので、これも減点対象かな・・と密かにあきらめている。。。

ヒョウの模様1つずつデコしていきます。
これはね、思ったより難しくなくて、ゼブラのほうがよっぽど難しかったです。




そしてまわりにもデコができたら、完成〜。
練習のときはアクリルストーンだけど、本番はいつもスワロフスキーなので、輝きがちがって、かわいい♪

ケースのふちからはみ出ないように。。
接着剤がまわりについてないように。。。

そして、前回提出しているうちにパーツが落ちてしまうということがあったので、完成してからまる2日家でしっかりかわかして、ちょっとふっても落ちないか確かめて、念には念をいれて送付しました〜。

あと提出課題1つのみになってしまいました。

なんだかさみしい。

最後はじっくりやろうと思います。

私がやっているのは、がくぶんのデコアート養成講座です。

デコアートの技術だけでなく、開業などのアドバイス本もついてましたよ〜。資料請求は無料です。詳しく知りたいかたはどうぞ





デコアート養成講座資料請求はこちらから

 

第2回目の提出課題がかえってきました

  • 2013.04.30 Tuesday
  • 09:37

2回目の提出課題が2週間かけてかえってきました。



もう結果から言っちゃいましょう。スタンプ2つでした。
第一回が1個だったので、ちょっとステップアップ?


今回提出したのは、カードケースでした。
いつもはレッスンパネルを使った平面での練習なので、提出課題の立体が難しかったですね〜。




それに、提出している途中にかわいてなかった接着剤からすべってしまったものもあるみたい。
今度は完全に乾いてから提出しようと思います。



デコアートは全体のバランスが大事!
と第一回でいわれたことですが、これもなかなか難しい。

どうも全体的に右によってる・・これは最後に気づいたことなのですが、
接着剤がかたまってからはうごかせないので、最初が肝心ということですかね。

それに、いつのまにか曲がってる・・・というのは、なかなかなおらなくて、
練習のときにできてないことは、本番でもできない(泣)

縦横に整列できてないとかかれていたのですが、パッと見きちんと整列しているようにみえますが、
デコアートの世界はとってもキビシイみたいで、定規のようにきちんと整列してないと無理みたい。

細かい作業は得意だと思っていましたが、もっともっと練習を!ということみたいですね。

3回目には★3つがもらえるようにがんばりたいです!!

私がやっているのはこちらの総合コースです。



デコアート養成講座資料請求はこちらから

第二回提出課題 カードケースを作りました

  • 2013.04.06 Saturday
  • 16:38

デコアーティスト養成講座 提出課題2つめはカードケース。

テキスト2冊目では、たくさんのストーンをつかってきれいに並べるってことを学んだので、その集大成がコレ。
写真でみたけど、カードケースめちゃかわいいです♪


提出課題は最低ランクのスタンプ1だったけど、せめて2をめざしたい!(目標が低くなってる)

さてさっそくはじめますよ〜。



まず、一列目。
ストーンをまっすぐ並べます。真ん中がふちになってないので、まっすぐなのかどうなのか見極めがむずかしい。

でも、練習用のストーンとちがって、本番用のスワロフスキーは大変もちやすいくてやりやすい。

一列目の接着剤が固まったら、2列目以降を並べます。そうじゃないと押すとずれちゃいますもんね。




4列ぐらい並べました。
クリスタルは目がちかちかします。

そして、本当にまっすぐなのかが正視できない(笑)。

手をプルプル震わせながらすすみますよ〜。



端まで行ったら、この部分。
も〜こまかいっ。

最後のストーンが隙間にはいる小さなものを並べるのですが、この部分まがっているため、まっすぐ置けない。。
何度やってもこぼれおちてイライラしながらならべました。



側面はこんな風にふたを広げた状態ではりつけます。
このスペースに・・・?ですよ。

デコアーティストの方って、本当手先が器用で集中力がある人じゃないとなれないな〜と思いました。
ここまでやるのに1時間半ほど。

もはや集中力なんかありません。




いままで、テキスト通りに、ここにはこのサイズのストーンをはるというやり方でしたが、ここではじめて、 “自分の目でみて、合うサイズのストーンを並べてね”と突き放されます。。。

適当にやったら、こんなになっちゃった〜。
また辛口先生に文句言われそうですよ。とほほ。。。。

できあがったのがこのカードケース。
なんか写真でみると、きれいそうですが、きっとまたダメだわ〜。

中心線がくるってるし、ストーンがはみだしていいのは、0.5mmまでなのに片側だけはみだしているし。。
側面にいたっては、小さいサイズから順々に・・とかいてあるのに、最後一番大きなサイズをいれたら、中途半端なスペースがあまってしまった。。、

だから、仮置きしなさいっていったでしょ!
って言われそう。

デコアーティストへの道はまだまだ険しそうです。
次回からいよいよ応用編。

がんばります!!

私が受講していているのは




デコアート養成講座資料請求はこちらから
 

第一回目の提出課題が返ってきた!

  • 2013.04.02 Tuesday
  • 14:18

がくぶんのデコアーティスト養成講座をはじめて約1か月。
提出課題をだし、2週間かけてかえってきました。

提出したのはこちらの丸型ケース



こんなかわいいのができましたよ〜。
これまで練習してきた技術をつかってデコ。
花のモチーフとかきれいに並べるとかいう要素が入っています

とにかくきれいにまっすぐ並べるということを意識してやってみたので、結構な自信作だったのですが、
“うぬぼれるなっ”って感じでばっさりと斬られました。。


こんな風に紙にコメントをかいてくれてかえってきました。


書いてあるコメントは、バランスは最初のうちは花モチーフ一つ一つを作ることだけに集中してしまいがちですが、全体のバランスが対称となるよう意識しながら作成してみてください

とのこと。


意識してたんだけどな〜。



さらに、私色を間違えていたみたい。
そのために、3段階評価のうち最低ランクのスタンプ1になってしまいました。

ストーンを使う数が多く、最初にやることは使うストーンだけをとりだし、分類しておくことなんですが、
なんとその段階で間違えていたので、ハンコが減る大きな原因とも。

そんな最初に間違えていたら、間違いも気づかないですね。

デコアートの提出課題は5つ
採点はスタンプ1〜3つで、5つ終了時点でスタンプが10以上だとデコアーティスト協会認定の級がもらえるんですが、最初に1こしかもらえなかった私は、はやくも危険になってしまったのでした。。

ま、結果はどうであれ、デコアーティスト養成講座の提出課題のモノはかわいいです。
作って使えるものなので、材料もセットになっているのはうれしい。

次回はスタンプ3つになるように頑張りたいです。

私がやっているのは



デコアート養成講座資料請求はこちらから

はじめての提出課題 丸形ケースをデコしました♪

  • 2013.03.14 Thursday
  • 15:13

がくぶんのデコアーティスト養成講座を受講中ですが、いろいろ練習をかさねて、はじめての提出課題です。

これまで、やっていたのは透明の練習用レッスンパネルに練習用のストーンでやっていましたが、今回は、実際に使えるものをデコするってことで緊張しました。

しかもデコするのは、スワロフスキーです。


で、何が大変だったか・・・というと


材料のスワロフスキー・エレメントを準備すること。
8種類のストーンを40個とか36個とか数をそろえて準備するだけで1時間かかってしまいました。。。(泣)

1日目はそれで終了。
これは大変な作業ですね。

そして次の日、
いよいよ丸型ケースに散らしてはる練習です。




使う材料はこんなの。




テキストをみてみると、課題を製作する前のチェックポイントがありました。
ストーンがはがれずに、しっかり接着できるようになりましたか?

ストーンを“点状にはる”とき、接着剤がはみだしていませんか?

など


まあできてないところもあるけど、やってみようか。

で、一つわすれていたことがありました。
それがセットにはいっていたDVD。

これまでの練習でもDVDがあったのに見てなかった・・・。
あわてて提出課題のDVDをみてみます。




最初から見ればよかったです。写真だと接着剤を線状にぬるところなんかがよくわからなかったけど、動画だとよくわかります。
他にも細かいところがよくわかりました。




まわりから順番にストーンをならべます。
最後の1個がどうしてもはいらなくて、ちょっとずつずらしている間に下にぬっていた接着材までずれてしまって、その接着剤がストーンについてしまったり・・とやっぱり練習とはちがってむずかしい。




練習では下にマジックで線をかいたりしてやってたけど、円の中心をはかるのはこうやって自分ではかるしかないみたい。
中心を探すのが大変でした。




なんとかお花を並べられたところ。
何処から見ても等間隔・・かな?




すきまに等感覚で小さいストーンを並べて完成。
文字で書くのは簡単ですが、なんだかんだで1時間ぐらいかかりました。


最後に接着剤やゴミを除光液をつけた綿棒でとるのですが、その際に綿棒のわたが逆についてしまってよけいにきたなくなってしまったり・・と大変。

自分が苦労したところ、かかった時間などを指定の紙にかいて、添削してもらうところへ送りました。

どのぐらいで帰ってくるのかな〜。


はじめての提出課題はドキドキでした。


私がやっているのは


デコアート養成講座資料請求はこちらから